フライ・フィッシングとは

フライ・フィッシングとは、フライを使って魚を釣ることです。
日本における毛針を使った釣りと異なるのは、フライロッドというこの釣法専用の竿とフライラインという特殊なラインを使い、至近距離から中遠距離までのポイントに自在にフライ(毛鉤)を投げ入れることができる点です。
フライフィッシングの起源はイギリスにあるとされています。
この釣りは日本ではまだ少数はですが、一度このフライフィッシングを始めると奥が深くてのめりこんでしまいます。

フライフィッシング入門

フライフィッシングはほんとうに楽しい釣りです。
もし貴方がフライフィッシングは面白そうだが、お金がかかるとか難しいとか、敷居が高そうに感じているかもしれませんが、実際にはそんなことありません。
フライフィッシングの対象魚は、ルアー・フライ雑誌で紹介されているような渓流のアマゴやイワナなどサケ科の魚だけではありません。都市近郊でも、工夫しだいで、コイやボラ等、身近な魚を含め色々な釣りを楽しむこともできます。

フライフィッシングの4つの要素

フライフィッシングには4つの要素があります。キャスティング、ファイト、タイイング、自然観察です。
キャスティングはフライフィッシングの中核をなすものです。ラインの重さによってフライを飛ばすことがこの釣の要諦です。
ファイトはヒットした魚を釣り上げる技術のことです。他の釣にくらべ、フライフィッシングのこの工程は非常にエキサイティングなものとなっています。オモリなどの邪魔者なしに直接的に魚とやり取りが出来るためです。
タイイングとは毛ばりを作成することです。毛ばりのパターンは数百万とも言われ、研究しつくせぬ分野であるとも言えます。
自然観察はこの釣の哲学そのものでしょう。現在の水棲昆虫の状況を確認し、魚が捕食していると思われる対象に近いフライ(毛鉤)を選ぶことです。
いずれの分野も一朝一夕で身につくものではなく、奥の深い趣味と言えますが、この釣法の独特の技術と趣味性から、一般的には敷居が高いという面もあります。

ドライフライとウェットフライ

使用するフライに応じてドライフライフィッシングとウェットフライフィッシングに大別することが出来ます。
ドライフライフィッシングとは、水面に浮かせたフライを使用した釣り方を指し、ウェットフライフィッシングとはフライを水中に沈めて使う釣り方を指します。
但し、水中にフライを沈める釣り方ではありますが、ニンフと呼ばれるフライを使用する場合は一般にウェットフライフィッシングとは呼称せず、ニンフフィッシングと言われています。

フライタイイングとは

フライタイイングとは、虫などに見せかけた毛鉤を作ることです。
魚が食べている虫や小魚に似せたフライを巻くためには、魚のエサとなる昆虫の種類や生態などの知識が必要となります。
詳しく調べようとすると、単に似せたフライを巻くだけでなく、水生昆虫をそのものへの興味、エントモロジスト(昆虫学者)としての楽しみに発展します。
また、クラシックなサーモンフライのように色々なマテリアルを組み合わせて、美しく芸術的なフライを巻く楽しみ方もある。
フライフィッシングを始めたばかりでは、自分でフライ(毛鉤)を購入しても良いですから、タイイングにこだわることもないでしょう。

スポンサードリンク



フライフィッシングのターゲット

フライフィッシングではサケ科の魚が主なターゲットになる事が多いです。そのためサケ科の魚が生息出来る河川や湖沼での釣をする場合が多いようです。
最近では管理池や海でフライフィッシングを楽しむムーブメントもあります。
サケ科の魚には、虹鱒をはじめマス類、渓流ではヤマメやイワナなどありますが、一般河川ではヤマベ(オイカワ)などもターゲットになります。